ドッグフードの選び方で犬の生活は変わる!品質と評価の高い物を選んで!

犬との関わり方とドッグフードの選び方

この秋に14歳を迎える雌の柴犬の事です。
私たち夫婦と夫の両親、四人家族の元に二カ月足らずでやってきた子犬は最初「招かれざる客」状態でした。
犬を飼うのには世話が大変だからと反対する私たちに対して、夫が強硬手段でペットショップから迎えたコだったのです。
手元にあるのは、ショップから買ってきたしばらくの分のフードだけ。ケージも小屋も、食器もなく、有り合わせのダンボール箱が子犬のお城でした。

ドッグフードは犬の健康を作る上で非常に大切なファクターなのはいうまでもありません。

内緒で連れ帰ったことに怒り心頭の私でしたが、子犬の愛らしさにすっかり参ってしまい、あたふたバタバタと慣れない犬との生活が始まりました。
飼い主バカを承知でいえば、日本犬の子犬の可愛らしさは、ホントに反則ものだと思います。ただ天使のような容姿とは裏腹に、子犬はとんでもない問題児だったのです。

なんの準備もなく犬との暮らしが始まったので、育て方や躾など、知識は皆無です。ネットで調べまくってみたものの、いざとなると集めた情報の多様さに振り回され、社会化に大切な時期とされる数カ月はあっという間に過ぎ去ってしまいました。我が家のなかでもルールがまちまちで、褒める時も叱るにしても、家族の対応がバラバラなので子犬も混乱したに違いありません。

警戒心が強く神経質なのは日本犬特有の気質ということもあるでしょう。ただその性質をよく理解し、導いてあげられたなかったために、いろいろな問題行動を起こすようになりました。吠える、威嚇する、そして咬みつく・・・。特にそれは私に対して向けられました。褒めるのと違って、叱るのはなんて難しいことか。「時には体罰も必要」という夫や義父の意見に納得できないまま、では体罰ナシにどんなふうにイケナイことを教えたらいいのか。

解決の糸口はあっけなく見つかりました。子犬の居場所を替えたのです。天気のいい昼間は庭で過ごし、夜は玄関のケージでというのを、ある日、来客のために室内に上げたのです。距離が近くなったことで、いままでに気付かなかったような良い表情を見せてくれるようになり、徐々に穏やかなコになってくれたように思います。玄関にいる時には警戒心が勝って、リラックスできなかったのかもしれません。ただ元々が神経質なコなので、室内犬になったことで全てが解決したわけではありません。でも来客があった「あの日」がきっかけになったことは間違いないと思います。

老犬への対応と接し方

13歳を過ぎた頃から老いを感じさせられることが多くなりました。でも老犬にはまた何とも言えない可愛らしさがあって、日々愛しさが増していきます。私の躾は落第だったけれど、大切な、かけがえのない存在になってくれました。一緒にいられることに感謝です。

老犬には合ったドッグフードを与える事が非常に重要になります。かむ事もままならないですし、良いドッグフードを上げましょう。幼い頃から動物が好きでしたが、当時はマンション住まいのため犬を飼う事が出来ませんでした。
それでも、犬が好きで将来の夢はペットショップで働く事だったため、私は高校を卒業後動物関係の専門学校に進学しました。

在学時に近所でヨークシャーテリアが生まれたと知り、母がたまたま、そのお宅に犬の赤ちゃんを見に行ったら結局そのヨークシャーテリアの
赤ちゃんを飼う事になり、本当にひょんな事から犬との生活が始まりました。

当時は主にトリマーの勉強をしていたため、愛犬が来てよく私の実験台になっていました。
初めての犬で私が動物系の学校に行っているため、しつけはとても厳しかったと思います。でも、愛犬はとても忠実で本当にお利口で可愛かったです。

その後も、当時の愛犬とはよく車で出かける事が多く、母の実家の鹿児島まで愛犬も一緒に行って親戚にもとても可愛がってもらっていました。
もう20年くらい前の話だけど未だにその時で話で盛り上がります。

その時の愛犬は9年前に15才で亡くなりましたが、初代の愛犬という事でなにか特別な思いがあります。
その間にも、ヨークシャーテリアの女の子を迎えていて、二代目は気が強いけど皆に甘え上手で優しい心を持った愛犬でした。

その子は凄く最初はしつけに手こずり、本当に困った愛犬でしたが性格が明るく人懐っこいため段々と可愛さが増しました。
でもその愛犬は4年前に突然、膀胱がんの宣告を受け必死の看病と闘病でしたが、辛い思いをさせて13才で亡くなってしまいました。
その時の事が今でも悔しい気持ちで愛犬にも申し訳ないと思っています。

その時の子と同時期に迎えていたのが三台目で現在8才になるヨークシャーテリアの男の子です。
以前の愛犬達とは同犬種とは思えないくらい性格が違く、異常なほどの甘えん坊です。特に私の事が大好きなので
私の帰りが遅いと悲しい声で鳴いたりします。
もうすぐ9才になりますが、まだまだ赤ちゃんのようです。

そして、3年前に知り合いに方からポメラニアンの赤ちゃんが親犬に噛まれて保護している犬を飼わないか、と言う話があり
その子が可愛そうになり我が家で引き取り現在3才になるポメラニアンも家族の一員です。

現在も愛犬達に囲まれ楽しくて嬉しく、とても賑やかに暮らしています。

以前働いていたお店が犬の出入りが自由なお店でした。犬の散歩がてら寄ってくれる常連さんもたくさんいて、いろいろな犬とも出会いました。
中でも印象的だったのが、とにかく人懐こくておっとりとした癒しの力がある犬です。犬種は可愛らしい小さなパグでした。

二日に一度くらいは来てくれていたお客さんの飼い犬で、いつも一緒に来ていました。たいていの犬は入口のそばで繋がれて待っていることがほとんどでしたが、その犬は繋がれていなくても、お店の中でおとなしくしています。とにかく人懐こくて初めて会うスタッフや他のお客さんにも全く動じませんでした。吠えることは皆無でおっとりとしていてとても穏やかでした。こんな犬がいるものだと驚いたものです。飼い主さんによると普段から、人懐こくおとなしく、何事に対しても動じることがないそうです。性格がいいなと思わず感心してしまいました。できた人ではなく、できた犬とでもいうのでしょうか。すばらしい犬でした。

それにその犬は人間の気持ちもよく分かっているように思いました。ちょっと体調が良くないときなどは、自然と側に寄り添ってきてくれることがありました。まるで側にいるから大丈夫と言ってくれているようで嬉しかったことを覚えています。私は犬を飼ったこともないですし、犬について詳しいわけでもありません。それに別に特別な第六感があるわけでもないです。ただ、この犬だけは他の犬とは違う何かがあると感じました。

人間でも性格が違うように犬にもそれぞれの性格があるとは思います。それ以上にこの犬は、何か特別に癒してくれる力があるように感じてなりませんでした。犬に癒されることは多々ありますが、もっと心の奥底の部分を分かってくれる犬というか、一緒にいると不思議な感覚になりました。
だからこそ、ご褒美には良いドッグフードを上げるのが重要になってくるのです。

お店を辞めて数年が経ちますが、今でもあの犬のことはしっかりと覚えています。同じようなパグを見かけると、今でも元気に過ごしているのかなと気になります。恐らく依然と変わらずに、人懐こく穏やかに、出会う人皆のことを癒しているのだろうと思います。

参考⇒ドッグフード評価まとめー口コミや安全性から選ぶおすすめランキング